ジャパンマテリアル株式会社

Matrox Monarch LCS

  • 一台で理想的なレクチャーキャプチャーを実現するH.264エンコーダー
  • カメラ映像とプレゼンテーション資料を合成して録画・配信
  • スケジューラ―機能およびファイル保存・転送機能追加!
  • RoHS
  • 製品カタログ(PDF版)

簡単な設定でレクチャーキャプチャーを実現
Monarch LCSは、文教向けに開発されたH.264エンコーダーです。SDIまたはHDMIカメラ映像と、プレゼンテーション資料を同時に取り込み、合成して簡単に録画・配信できます。簡単な設定により一台で理想的なレクチャーキャプチャーを実現するコストパフォーマンスの高いデバイスです。
スケジューラーによる自動オペレーション
事前にスケジュールを設定し、MonarchLCSを自動的に制御可能です。これにより、スケジューラーによる無人オペレーションを実現します。

MonarchLCSのスケジューラーは、汎用性のあるiCalender 形式(.ics)をサポートします。Google CalenderやMicrosoft Outllook等で予めスケジュールを作成し、エクスポートファイル(icsファイル)をMonarchLCSに登録します。

また、ひとつのカレンダーから複数のデバイスのスケジュール設定が可能です。いつ、どのMonarchLCSを動作させるのか、簡単に設定してデバイス毎にスケジュール通り動作させることができます。

本機能は最新のファームウェアにより可能です

ファイル保存・転送機能
SDカード及びUSBデバイスに保存されている録画ファイルをネットワーク上の共有フォルダーに転送可能です。

ファイル転送は、手動または、時間を設定して自動で行えます。時間設定で転送を行えば、ネットワークのピーク時に起こりがちなデータ破損などを回避できます。またファイル転送の実行の有無も確認できます。

本機能は最新のファームウェアにより可能です

OpenCapture形式のASPサービスに対応
OpenCapture形式のASPサービスで使用できる設定ファイルを作成可能です。

本機能は最新のファームウェアにより可能です

多彩なレイアウトで合成
取り込んだ映像を合成する際に、ピクチャー・イン・ピクチャー(P in P)やサイド・バイ・サイド(Side by Side)など、シーンによって最適なレイアウトを選択できます。また、入力映像を変更したい場合には、本体のスイッチボタンで簡単に切り替え可能です。
視聴者がレイアウトを設定可能
視聴者側もがレイアウトを選択できるため、積極的にコンテンツに関わっていただけます。同期のとれた映像と音声を保ちながらシームレスに好みのレイアウトに切り替えられます。
タブレット端末で簡単に制御
Monarch LCSと同一ネットワーク上にあるタブレット端末(通常のウェブブラウズアプリケーションに対応しているもの)で簡単に制御できます。ユーザーインターフェースは直感的に操作しやすく設計されており、どこからでもワンクリックでエンコードが開始できるようにデザインされています。配信・録画の様々なプリセットが用意されており、解像度やビットレートなど必要なパラメーターを設定できます。エンコーディングのパラメーターはカスタマイズが可能であり、配信先や操作モードの設定とともにユニークなプロファイルとして保存できます。複数のオペレーターが使用する場合にも、一度設定したプロファイルは簡単に読み込むことができ、再入力の手間がかかりません。
既存システムと簡単に連携
Monarch LCSは、ネットワーク環境での使用を前提として設計されており、資産管理ソリューション(OpenCastVMSやMoodle LMなど)により管理されている既存のインフラにシームレスに連携して使用できます。また、スケジューラー機能はオープンソースiCalソフトウェア(Googleカレンダーなど)に対応しており、スケジュールを作成し、.icsファイルフォーマットに書き出して、簡単にデバイスに読み込めます。スケジュールはいつでも読み込むことができ、定期的にネットワーク上のスケジュールを読み込むように設定することも可能です。
高品位なエンコーディング機能
Monarch LCSの2系統H.264エンコーダーは最大20Mb/sのエンコーディング性能を有しています。この2つのエンコーダーは、それぞれ別々に設定(ビットレートや品質)でき、さらに、パワフルなスケーリング機能、インターレース解除機能、再現性を高めてエンコーダーへ送るためのノイズ低減エンジンなどを搭載しています。それぞれのエンコーダーは1080p30でエンコードするよう設定できます。
エンコード先の設定
Monarch LCSの2つのエンコーダーは配信・録画先を複数設定できます。録画のために使用する場合、どの再生ソフトウェアでも再生できるようにMOVもしくはMP4でキャプチャーできます。録画先は、USBドライブ、SDカード、もしくはネットワーク上にある共有ドライブのいずれか指定でき、LMSやVMSに即座に活用いただけます。配信に使用する場合には、RTMP・RTSPプロトコル両方に対応しており、ローカルメディアサーバーやクラウドベースのCDNサービスでライブ配信できます。
柔軟な入力対応
Monarch LCSはHDMI x 2系統、およびHDMI x 1系統 + SDI x 1系統の入力に対応しています。また、音声はエンベデッドおよびアナログ入力に対応しています。SDIとHDMIの両方に対応することで、最適なシステム構成を実現できます。SDIケーブルで100mまで取り回せるため、エンコーダーがカメラから離れた場所に設置されている場合に最適です。HDMI入力にも対応しているため、HDMIカメラ等にも接続できます。
フレームシンクロナイザー 機能
レクチャーキャプチャーでは、コンピューターと映像、音声の3つすべてを同期させる必要がありますが、それぞれの解像度とビットレートを一致させることは困難です。Monarch LCSはこの異なるフィードを同期させてからエンコーダーへ送り込みます。そのため、どの操作モードでも、映像・音声を完全に同期できます。また、搭載されたフレームシンクロナイザーは、いずれかの入力が途切れてしまった場合においても、断絶のない配信・録画を実現します。
ライブ映像のプレビュー出力
SDIおよびHDMI出力に対応し、入力映像もSDIまたはHDMIを選択して出力できます。また、HDMI出力においては、エンコーディングのパラメーターの解像度を選択でき、遠隔の視聴者に送られるコンテンツのプレビューを確認する場合にも適しています。
遠隔管理
付属のアプリケーションである『Matrox Utils』を使用して、ネットワーク上にあるすべてのMonarch LCSデバイスのステイタスやファームウェアのバージョンが最新であるかどうかを確認できます。また自動でデバイスのソフトウェアを更新することも可能です。さらに、このソフトウェア経由でネットワーク上にあるMonarch LCSの再起動も実行できます。
多用途に利用できるAPI
Monarch LCSには『Monarch LCS Dev Tools』というAPIが用意されています。APIには自動設定ツールやMonarch LCSを制御するツールが含まれており、Monarch LCSをシステムの一部として活用できます。APIを使いこなすことでシステム管理の一元化が可能となり、Monarch LCSのCommand Centerから制御する手間も省けます。
Crestronでの制御
Crestronの制御システムがある場合、Monarch LCSのControl APIは理想的な形でMonarch LCSの機能を既存システムに連携させて活用できます。Monarch LCSの登録ユーザーはCrestron 2-Seriesと3-Seriesを運用するためのサンプルをダウンロードできます。
堅牢で実用的なデザイン
Monarch LCSの正面中央には外付けストレージデバイスのためのUSBポートが搭載されており、正面右側にはWebベースのUIの代わりに制御できるボタンが3つあります。接続系統は背面にあり、電源は外れないようロックが施されています。また、1Uトレイにちょうど2式収まるようデザインされています。
フロントパネル リアパネル
  1. パワーLED
  2. 入力選択ボタン
  3. スイッチボタン
  4. エンコーダーの開始/停止ボタン
  5. USB 2.0ポート1
  6. USB 2.0ポート2
  7. SDカードスロット
  1. 電源コネクター
  2. ギガビットイーサネットポート
  3. RS-232コネクター
  4. HDMI入力Bコネクター(エンベデッドオーディオ付)
  5. HDMI出力コネクター(エンベデッドオーディオ付)
  6. HDMI入力Aコネクター(エンベデッドオーディオ付)
  7. SDI出力コネクター(エンベデッドオーディオ付)
  8. SDI入力Aコネクター(エンベデッドオーディオ付)
  9. アナログオーディオ出力(ステレオ)
  10. アナログオーディオ入力(ステレオ)
入力/出力
HDMIビデオ入力1
(ビデオソース)
プログレッシブ
  • 1920x1080 @ 60/59.94/50/30/29.97/25フレーム/秒
  • 1280x720 @ 60/59.94/50フレーム/秒
インターレース
  • 1920x1080i 29.97/25フレーム/秒
HDMIビデオ入力2
(PCソース)
プログレッシブ
  • 1920x1080 @ 60/50フレーム/秒
  • 1280x720 @ 60/50フレーム/秒
インターレース
  • 1920x1080i 29.97/25フレーム/秒
HDMIビデオ出力 ビデオ入力信号のプレビュー出力(SDI入力または、HDMI入力から表示するソースを選択) 入力がSD解像度の場合、HDMIプレビュー出力はHD出力上のウィンドウボックスに表示されます。
SDIビデオ入力 プログレッシブ
  • 1920x1080 @ 60/59.94/50/30/29.97/25フレーム/秒
  • 1280x720 @ 60/59.94/50フレーム/秒
インターレース
  • 1920x1080i 29.97/25フレーム/秒
  • 720x486i @ 29.97フレーム/秒
  • 720x576i @ 25フレーム/秒
SMPTE 259M/292M/424M(Level A)/425M 準拠
SDIビデオ出力 ビデオ入力信号のプレビュー出力(SDI入力または、HDMI入力から表示するソースを選択)
オーディオ入力
  • HDMIまたはSDIエンベデッドオーディオ8チャンネルのうち最初の2チャンネルを使用
  • 3.5mmミニステレオジャック(アナログ ステレオ)
  • ラインレベル
オーディオ出力
  • HDMIまたはSDIエンベデッドオーディオ8チャンネルすべてをパススルーで出力
  • 3.5mmミスステレオジャック(アナログ ステレオ)
  • ラインレベル
FS(フレームシンクロ
ナイザー)
Monarch LCSは、不安定な入力信号への対策としてFS(フレームシンクロナイザー)回路を搭載しています。 FS回路はSDI入力にもHDMI入力にも適応され、ストリーミングでも録画でもドロップフレームや重複フレーム無しのスムーズな処理が保証されます。
H.264/MPEG-4 Part 10 (AVC) ビデオエンコーダー
解像度 128x128~1920x1080よりエンコーディング解像度を選択
ビットレート
  • 2つのエンコーダーのうち片方のエンコーダーのみ使用:最大16Mbps(ストリーミングモード)
  • 2つのエンコーダーのうち両方のエンコーダーを使用:最大8Mbps(ストリーミングモード)
  • 2つのエンコーダーのうち両方のエンコーダーを使用:最大10Mbps(レコーディングモード)
エンコード
フレームレート
  • 60/50、30/25および15/12.5からエンコードフレームレートを選択
  • 2つのエンコーダーのうち片方のエンコーダーのみ使用:最大1080p 60fps
  • 2つのエンコーダーのうち両方のエンコーダーを使用:最大720p 60fps または、1080p 30fps
エンコーディング
プロファイル
Baseline、MainおよびHign
エンコーディング
コントロール
  • 2.0、3.0、3.1、4.0、4.1レベル サポート
  • GOPサイズの変更が可能
  • VBR(可変ビットレート)をサポート
  • ブロックノイズ抑制フィルター
       
MPEG-4 AAC オーディオ エンコーダー
標準 AAC-LC
周波数サンプル 32、44.1および48kHz(アナログ入力からデジタル化した場合)
チャンネル 2チャンネル ステレオ(L/R)
ビットレート32kbps~256kbps オーディオコーデック設定は2つのエンコーダーによるストリーミングまたはファイル送信に適用。
スケーラー
スケーラー 高品質マルチタップ 10-bit スケーラ―およびインターレース解除(ストリーミングとレコーディングの両方で可能)
レコーディング ファイル フォーマット
ファイル形式 MP4およびMOVファイル(ACCエンベデッドオーディオ2チャンネルを含む)
録画時間
            
  • 最長録画時間:290分(使用される保存方法に関係なし)
  •         
  • ファイル分割機能により、複数のファイルに分割して録画可能。フレームを損失することなく連続する複数のファイルとして保存します。分割する際のサイズは1~300分の長さで指定できます。また、FAT32でフォーマットされたメディアを使用した場合、ファイルが4GBに達すると、自動的に分割されます。
ネットワークインターフェース
コネクター イーサネット端子 10/100/1000 Base-T(RJ45)
プロトコル
  • RTMP, RTSP/RTP, IPv4サポート
  • ユニキャストおよびマルチ ユニキャスト
ユーザーインターフェース
PCベース制御 HTTP経由でPCまたはMacの標準ブラウザーでMonarch LCS Command Centerにアクセスし、設定
本体のインターフェース フロントパネルのプッシュボタンでエンコーダーの機能(録画または配信)のスタート/ストップを制御
ファイル レコーディングのためのストレージ
2 x USB 2.0 NTFS(3.1)およびFAT32ファイルシステム対応 USB3.0デバイスを接続した場合でも、USB2.0の速度で書き込みを行います。また、USBメモリーは書き込み速度にばらつきがあるため、書き込みにはUSBドライブの使用を推奨します。持ち運びに便利な小さいサイズのメディアを使用する場合には、SDカードの使用を推奨します。
1 x SD カードスロット
  • SDまたはSDHCカード対応
  • NTFSでフォーマットされたSDXCカード対応
  • (Class 10メディアを推奨)
ネットワーク ドライブ Windows Shareプロトコル(Windows)及びNFSプロトコル(Mac、Linux)を使用するネットワーク上にあるコンピュータ内の共有フォルダーへの書き込みが可能
その他
サイズ 長さ21.6cm×奥行15.3cm(リアパネルのBNCコネクターを含む)×高さ3.8cm(ゴム足を含む)
重量 0.6kg
電源
  • AC100-240V, 0.5A, 50-60Hz
  • 入力:外部AC/DCアダプター(IE320-C14)
  • 出力:+5VDC, 最大3A
  • 消費電力:15W, DIN4, ロッキング パワー コネクター
動作環境
  • 動作温度:0~40℃
  • 動作標高:3000mまで
  • 動作湿度:20~80%(結露なきこと)
輸送・保管環境
  • 輸送標高:12,000mまで
  • 保管湿度:20~80%(結露なきこと)
認証
  • FCC Class A
  • CE Mark Class A
  • ACMA C-Tick Mark
  • VCCI
  • ACアダプターの認証規格:UL-CUL(UL60950-1)、TUV-GS(EN60950-1)、T-LICENSE(BS EN60950-1)、CCC(GB4943.1-2011)、PSE(J60950)、SAA(AS/NZS60950-1)、KC-MARK(K60950)、S-MARK(UEC60950-1)
  • RoHS指令 2002/95/EC
Monarch LCS(型番:MLCS/J)
  • Monarch LCS本体
  • ACアダプター
  • ACケーブル
  • 保証書および保証規定

本製品の保証期間はご購入から2年間です。保証期間内の製品の故障については、無償で先出しセンドバック保守対応をいたします。詳しい保証内容については、同梱の保証書をご確認ください。